ソニー?、13.3 インチの電子リーダーを更新するか、DPTS1 と同じものは何ですか

eリーダー

このエントリのタイトルに eReader と Sony という言葉を目にすると、多くの人が奇妙に聞こえるでしょうが、日本の会社は今でもこのタイプのデバイスを日本で製造および販売しています。 さらに、その名前で知られる 13,3 インチの画面を備えた大きな eReader DPTS1、はまだ国境を越えて販売されており、米国などで購入できます。

まさに、当時私たちの注目を集め、今でも多くの人々が気に入っているこのデバイスは、 新しく興味深い改善を組み込んだ新しいバージョンのソフトウェア この電子リーダーに多額のユーロを費やすことを決定したすべてのユーザー向け。

これらの電子ブックのいずれかを持っている幸運な人の XNUMX つである場合は、まず、この更新プログラムは日本で販売されているデバイスでのみ利用可能であることをお伝えする必要があります。その瞬間、新しいオプションと機能にアクセスできなくなります。

ただし、ソニーに怒ってはいけません.それは、このデバイスに必要な主な改善点の XNUMX つであり、より多くのフォーマットをサポートする可能性がありますが、この新しいソフトウェアには付属していないためです。 PDF または EPUB 形式のドキュメントのみを操作できます。.

eリーダー

ここでは、 この13,3インチのSony eReaderに見られる新しい機能とオプション:

  • 消しゴムの追加
  • 拡大画像への手書きの可能性
  • 新しいノート テンプレートが追加されました
  • これで、PDF ドキュメントからページを追加または削除できるようになります。
  • アンドゥ・リドゥ機能を実装
  • フォルダを追加または削除する機能

新機能やオプションはそれほど多くはありませんが、それらすべてが非常に必要であり、確かにすべてのユーザーに非常に好評です。

この記事を終えるために、このデバイスを世界中で販売しないことを決定したソニーとそのすべての幹部を批判する機会を逃すことはできません.

あなたにとって利益がなかったので、eReader の販売をやめるのも XNUMX つのことですが、この eReader は特別であり、間違いなく非常に成功するため、グローバルに販売する必要があると思います。

このような 13,3 インチの画面のソニーの電子書籍リーダーを購入しますか?.

ソース- sony.jp/digital-paper/support


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   mikij1

    最後の質問への回答: はい... 200 ユーロまたは 250 ユーロの場合、いくらですか。 1000ドルという値段なら冗談では買いません。
    フィジカルレベルではとても良いです。 13,3 インチをこのような薄くて軽いデバイスに入れるのは私にはトリックのように思えますが、これがただのノートブックであることを無視することはできません。 デジタルノート はい…でもやっぱりノート。 ノートブックがどれほど技術的で難解であっても、誰かがノートブックに 1000 ユーロ (または 740 ユーロ) 支払うでしょうか? 違います。
    その他の欠点は、.PDF しか読​​み取れないことです。 これ以上何もない。 そして最後に重要なこととして、ソニーは後者を修正することを約束したにもかかわらず、文書ごとに 10 の手書きページしか受け入れない.

    このデバイスがより多くのフォーマットを受け入れれば、カラー画面が完璧で、「通常の」価格で完璧になるでしょう。 私たちは教科書の代わりについて話しているのですが、残念ながらカラーインクはまだ遠いようで、ソニーがこのデバイスに付けた価格はグルメ向けの非常に高価なおもちゃになります.